IMG_1231

狩猟が解禁を迎えるこの時期になると、大変ありがたいことに、多くの皆さまから「これ、持って行きな!」とお裾分けを頂きます。

熊、鹿、鴨、猪…

どれもこれも、都会生活ではなかなか口に入れることはできない珍しいものばかりっ!

どころか、最近ではジビエ料理と称される、こうした食材を活かした料理は都会では高級料理なのですから、どれだけ贅沢なことかっ!

しかも、私自身、学生時代からジビエ料理(というか、鴨鍋、猪鍋、熊鍋といった山鯨料理)に目がなかっただけに、この時期のこれらのお裾分けが本当にありがたいのです。

これだけで、「新潟に移住してきて良かった」と心の底からしみじみと感じてしまうのです。

さて…

昨晩我が家で頂いたジビエ料理は手前から鹿肉、そして鴨肉でありました!

野趣あふれるこれらの料理、充分堪能しました。

今シーズンは、あと何回ほど、ジビエに巡り会えるかしら…

あっ🤭

決して、お裾分けを下さいという意味ではありませんので、悪しからず!

IMG_1230

ちなみに…

「ジビエ」をネット検索して初めて存在を知ったのですが…

日本ジビエ振興協会という団体があるのですね!

しかも、ジビエ料理の振興は、私たちの地域でも深刻な問題(本件に関する拙ブログはこちら)と化している野生鳥獣被害の軽減にも繋がるという私の考えと合致した主張も述べられている…

長岡市や加茂市、そして三条市でも、野生鳥獣被害軽減策とジビエ料理振興による地域振興策を組み合わせた政策が実現できそう!

私の市長時代、しかも最晩年期に取り組もうとしていたのですが、その方向性はやはり間違っていなかったのですね。

いよいよ、3市連携で聖地化の相乗効果が狙えそう!

楽しみになってまいりました。

青写真を描いてみたいと思います。

IMG_0124

そういえば、完全に旧聞に属する話でありますが、晩秋の加茂市七谷地区の大橋市議宅でいただいたなめこ汁、絶品だったなぁ…

こんなに豊かな山の幸に恵まれている私たちの地域、どれだけ最高なんだろう!

これに磨きを掛け、如何に「見える化」し、価値を生み出すか…

私たち政治(プラス行政)の腕の見せどころです!