IMG_9753
こんなことを告白すること自体がお恥ずかしいのですが、少年時代の私は鉄道好きで、電車やブルートレインの写真を撮りに行くことはもちろんのこと、小学校では机上旅行クラブに入ったり、万世橋にあった交通博物館に行ったり、飯田橋駅の操車場で遊んだり、神田古書センターにある鉄道グッズを見に行ったり、神保町駅の駅員さんにお願いして大量の使用済み切符を貰ったり…書き連ねてみるとソコソコのマニアっぷりですが、こんな少年時代を過ごしておりました。

ですから、三条に移動してからはもちろん鉄道のまち新津に憧れ、子供をダシにして、新津鉄道資料館には何度も足を運んでおりました。

IMG_9654
だからこそ、鉄道ファンとして率直に申し上げたいことがあります。

それだけの鉄道への憧れに満ち溢れていることを前提とした上で、率直に提案させていただきたいことがあります。

それは…

残念ながら、新津鉄道資料館単体では、大宮にある鉄道博物館には到底敵わないということ…(あくまで、国内外の鉄道ファンレベルということですので、念のため…)

鉄道ファンは国内外に数知れぬほど多くおり、彼らの期待を裏切らない優良なコンテンツであれば、お金も時間も労力も厭わずに引き寄せられるように集まってくるのが鉄道ファンです。

そんな彼らを振り向かせることのできる新津の鉄道資産とは何か…

それは、新潟支社管内の気動車・機関車の基地である新津運輸区を併設し「SLばんえつ物語」の始発駅である新津駅そのもの、そしてJR車両のみならず私鉄車両をも製作している総合車両製作所そのもの!

つまり、博物館ではなく、他では決して見ることのできないホンモノの鉄道資産で勝負を賭けるべきなのです。

このホンモノの鉄道資産に磨きをかければ間違いなく、国内外の鉄道ファンがこぞって新津に参集することでしょう。

そのためには、見学会の回数を増やしたり、体験型イベントを組成したりと、ホンモノを五感で味わうことのできるコンテンツをいつでも体感できる環境を整えることが必要不可欠です!

新津のまちへの波及、融合という「鉄道のまち」のリデザインに取り組むためにも、まずはコアなコンテンツを作り上げ、訴求力を高めていかなければなりません。

でも…

こうした話って、ワクワクしませんか?

ん?

私が鉄道愛に満ち溢れているからワクワクしているのかしら?

いやいや、絶対にそんなことはない!はず…

だって、新津の誇りである「鉄道のまち」をリデザインし、まちの活性化に繋げる、その第一歩に取り掛かるのですから!

早く、こうしたリデザインのお手伝いをしたいです!