この地に尽くす!〜国定勇人(くにさだいさと)の日記〜

自由民主党新潟県第4選挙区支部長(前三条市長)の国定勇人(くにさだいさと)です。 自分の思い、日々の活動、第4選挙区内の様々なこと、プライベートなことなどを徒然なるままに書き綴ってまいります。 気楽にお付き合い下さいませ。

2020年11月


FullSizeRender

首長が担ってきた行政運営に対する評価について、私は三条市長日記でも触れたとおり、「私(=首長)が行ってきた政策の是非はまさに今を生きる市民の皆さまが、そして将来の市民が判断されること」と考えておりますが、このうち「今を生きる市民の皆さまが判断する」評価は、当該任期を満了し、再度立候補する際の首長選挙によって明らかになるとも考えてまいりました。

つまり、任期満了時の再選を目指す首長選挙がその首長にとっての云わば通信簿であります。

ただ、後進に道を譲る際にはその通信簿がないため、その評価を通常客観視することはできないのが忸怩たるところ…

もちろん、私も例外ではありません…

がっ!

そんな折、一昨日の新潟日報さんの記事で、私の市政運営に対する通信簿を意外な形で明らかにしていただきました。

曰く、「新潟日報社が8日に市内8投票所で有権者計367人から回答を得た出口調査では、国定前市長の14年の市政運営について「評価する」は46.2%、「どちらかといえば評価する」は37.2%だった」とのこと!

これは素直に嬉しい!

実に、83.4%もの市民の皆さまから肯定的評価を頂いただなんて…

市民の皆さまに育てていただいた結果の数値であるとはいえ、十二分に嬉しいっす…

この評価を糧に、三条市発展のために引き続きこの身を捧げようと誓いを新たにすることができました。

本当にありがとうございます。

IMG_9547
三条市長時代、政策の着眼点が刮目に値し、徹底的にパクり続けたのが見附市の久住市長さんでした。

ただ、発想が大胆過ぎて、それを取り入れるだけの胆力がなく、泣く泣く断念したものも幾つかありました。

その一つが道の駅「パティオにいがた」。

と言っても、この気持ちの良い芝生広場ではなく…

IMG_9556

このトイレ!

久住市長さんは「トイレが素晴らしいところには人が集まる!」との信念の下、こちら「パティオにいがた」だけではなく、「みつけイングリッシュガーデン」にも、この大胆なデザインのトイレを採用しました。

その効果もあってか、久住市長さんの読みどおり、両施設とも大盛況!

私も感化され、両施設のトイレを設計したデザイン事務所のことを勉強したのですが、とても手が出せず…

でも、トイレに着眼するような慧眼を持ち合わせたいと今でも本気で思っています!

IMG_0002

見附市街地に降った雨水は基本的には貝喰川に集まり、三条市を経て、刈谷田川右岸排水機場より信濃川に流れ下ります。

しかしながら、貝喰川の河川断面はさほど大きくはなく、流下能力に限界があるため、ある程度まとまった雨が降ると、見附市街地に溜まった水を完全に流下させることができず、市街地が水浸しになってしまうという構造的問題がありました。

この問題を少しでも軽減させようと浮上しているのが、貝喰川中流域にある見附市三林地区において放水路を整備して、増水時には刈谷田川に一定量の水を中抜きして落とし込もうという計画で、まさに写真の水路を拡張させようとするものです。

この事業計画が実現すれば、見附市街地を水から守ることに繋がるだけでなく、下流域にある三条市栄地域を水から守ることにも資することとなります。

事業着手は来年度からになりますが、確実な事業進捗のためには事業主体の新潟県だけでなく、財政支援を行う国土交通省からの長期的な協力が不可欠です。

この国土交通省からの支援を獲得するため、私も何とかお役に立ちたいと思っています!

IMG_9531

少しだけ旧聞に属するかもしれませんが、栃尾地域にお邪魔したとき、ほぼ全ての方々から「自分たちの畑を悪さする猿を何とかしてほしい」との声を頂戴しました。

報道を含めて、とかく話題になるのは熊でありますが、日常的に考えるとやはり圧倒迷惑を掛けているのは猿であります。

この猿退治を如何にせむ…

非常に難しいお題ですが、とにかく何とかしなければなりません。

現時点でまず取り組まなければならないのは猿の実態調査。

専門家を含むチームを組成し、ドローンなどを活用して群の動向を把握することが肝要です。

云わば、斥候部隊的な位置付け…

そのための支援スキームを考えなければなりません。

IMG_0016

これまでの「三条市長日記」では、露骨にソフトネタを繰り出していたのですが、やはり考えた挙句…

国定勇人の真骨頂、らーめんネタを随時更新することとしました!

その栄えあるらーめんネタの第一弾はこちら「大黒亭」松屋小路店さんです。

新潟5大ラーメンの一角を占める三条カレーラーメンの王道を歩むのがこのお店。

最初にお邪魔したのが、今はフリーアナウンサーになった伊勢みずほさんの番組に乱入したときかも…

あれから、10数年…

私も大人になりました。

是非、大人の食べやすくも奥深い味をご堪能下さいませ!

このページのトップヘ