IMG_7856

環境省は気候変動や生物多様性など国際的解決が求められる行政課題を数多く所管している省庁でもあります。

そうしたこともあるのでしょうか、私にも国際的な仕事も幾つか入ってくるようになりました。

先日は、さいたま市で開催された「さいたまサステナブル都市サミット~E-KIZUNAグローバルサミット~」に出席後、リチャード・ベニヨン英国閣外大臣との生物多様性に関するバイ会談に臨み、まさにその様を実感した次第…

とりわけバイ会談は、私自身にとって初めてとなる国際舞台となったわけですが、改めて瞠目したのは優秀な省員の存在でした。

実務的で緻密な交渉を積み重ね、政務クラスの交渉舞台を整えていく…

相手からの予期せぬボールにも的確なメモ出しでフェローしてくれる…

そんな彼らの存在があって初めて、自信を持って日本国政府の看板を背負って公的発言ができるのです。

僅か30分間の会談ではありましたが、貴重な経験となりました(もちろん、所期の目的も達せられたと思っています)。