IMG_5742

昨日9月1日は防災の日。

大正12年のこの日に発生した関東大震災に起因する防災の日は、東京に生まれ育った人間であれば誰もが知っているはず。

というのも、夏休みが明けたこの日、始業式を終えて教室に戻ると、椅子に日頃座布団代わりに使っている防災頭巾を被り、机の下に潜り込み、そして校庭に出て点呼を受けていたからです。

そんな防災の日は、政府挙げての防災訓練を実施する日でもあります。

環境省でも、西村大臣を筆頭に緊急災害対策本部を設け、初動対応の確認を行いました(私も実際の被災経験、陣頭指揮を取った経験を持つ立場で、緊張感を持って臨んだつもりです)。

環境省にとって、発災時の最大の役割の1つが災害廃棄物対応です。

これは、どの被災市町村も頭を悩ませるところ。

しっかりと被災市町村長に寄り添えるよう、取り組んでまいります。

(ちなみに、どうでもいいことですが、写真のとおり、環境省の防災服は特徴的です。レンジャー(自然保護官)の作業衣に寄せたデザインになっているのですが、何か深い意味があるのかもしれません。未確認ですが…)