IMG_5193

新潟県下越地方を始め、山形県、福島県と広範囲にわたって、激しい豪雨に見舞われております。

先ほど、新潟県下越地方を選挙区とする斉藤代議士とお話をさせていただいた際、現地の今を伝える写真を見せていただいたのですが、既に2階にまで達するほどの洪水が発生しているようです。

災害が発生してしまった以上、まずは、公助、共助のサポートを受けつつも、1人ひとりが自らの命を守り切るための最善の行動を取っていただくほかありません。

その結果として、1人たりとも人的被害が生じないことを祈るばかりです。

他方、私たちは次の災害に備え、不断の取組を怠ってはなりません。

今朝は自民党災害対策特別委員会の豪雪地帯対策プロジェクトチームが開催され、今回の豪雨災害への支援要請をお願いしつつも冬の災害である豪雪に対する意見を述べる斉藤代議士の姿があったのですが、不肖私も思うところがあり、発言しました。

こうした姿勢こそ、「備えあれば憂いなし」に繋がる「安きに居りて危うきを思う」そのものなのですが、流石に今日は「言霊」になりそうなので、時を改めたいと思います。