IMG_8639

昨年は完全ウェブ開催となった「燕三条工場の祭典」ですが、今年は過去のどれよりも趣向を一新した廃工場を活用した一点拠点型での開催となりました(関連記事はこちら)。

新型コロナウィルス感染症の動向が依然不透明の中、比較的来場者を把握しやすい一点拠点型を選択するには、かなりの葛藤が実行委員会にあったと思いますが、それでもリアル開催に漕ぎつけた実行力に只々感服致します。

IMG_8624

それにしても…

廃工場での展示は実に素晴らしい!

贔屓目なしに申し上げて、Japan house Londonでの企画展よりも工場感が突き抜けていて、こちらの方が見応えがあります。

今年は特に地域内の中学生が見学に訪れるらしいので、ものづくりのDNAが伝承されることを期待いたします!

IMG_8656

ただ…

実は…

今回の「燕三条工場の祭典」のおススメは、夜に訪れること!

元来、鍛冶屋さんは火の中に入れた鉄の赤らみで適切な温度を判断するため、敢えて工房内を暗くして、天候に左右されない環境を作り出しているのですが、その工房感に夜のそれこそ、まさにピッタリだからです!

是非是非夜の会場へ足をお運びくださいませ!